天然石とマクラメアクセサリーのお店 nica |

マクラメ 焼き留めの方法 ショップ運営に関して

〝端末の焼き方〟

について、ちょいと最近連続でご質問を頂きましたので、今日はこちらを写真とともに解説します。


まずはこちら、ビフォーアフター。
焼く前と焼いた後。
メタルパーツひとつ通して焼いてます。



ではやり方。

まずはダマを作る紐をだいたい1~2mm程度に切り落とします。
ここでは作りたいダマのサイズと切り落とす紐の本数に応じて切り落とす長さを変えます。

・焼く紐が1本だとダマが小さいので少し長めの2mm~2.5mm
・焼く紐が画像のように4本だと溶かした時のダマが大きいのであまり長くしません。だいたい1.5~2mm程度。

この差は数字を見るとあまりないようですが回数をこなすと違いが分かってくると思います。

※ 切る長さがあまり長いと焼いた時に紐に火がついて焦げてしまうので、綺麗なダマになりません。






そしてこのままライターの炎の根本(青い部分)で少しずつ焼いていきます。
いっぺんに溶かそうとせず、なるべく紐が燃えない様に溶かしていくのがポイントです。

これだとまだ焼き足りません。



このくらいまで思い切って焼きましょう。



充分溶かし切れたらしばらくほっておきます。
※ 金属パーツはとても熱くなります。ダマが冷めてもしばらく熱いので、すぐに触らないようにしましょう。

こちらが完成!




いかがでしょうか?
焼き留めのコツは〝思い切って短めに切ること〟と〝炎の青い部分で少しずつ溶かす〟ということでした。







さて、今日はラブラドライトか届きましたのでこちらも写真を。



あと少しラブラドライトが追送されるはずなので、近くルースでショップにアップする予定です。



最近少し環境が変わって、毎日ブログやショップを更新できるか分からない状態になりました。
ですのでこれからは週に一度、〝金曜日〟をショップの更新曜日とすることにします。
1週間作った新作は金曜日にまとめてアップします。

Twitterには頻繁に情報を流す様にしますので、Twitterされている方は良かったらそちらもどうぞ♡(@nica5115)

とりあえず今の所毎日編んではいるので、いつもご覧頂いている皆さま、ぜひ金曜日を楽しみにして頂ければ幸いです。

これからもnicaをどうぞ宜しくお願いいたします。。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村


マクラメランキングへ


アクセサリーランキングへ



Posted by nao on  | 0 comments  0 trackback

道具のお話とラブラドライト製作

【🔨道具選び🔧】

「ものを作る、修理する」
いい仕事が出来たとき必ずと言っていいほど優れた工具に助けられています。

もともと修理屋自衛官だったので工具については馴染みが深い。
信頼できる相棒は『マイハンマーとマイセンターポンチ』(笑)



さておき、今マクラメ作業に使う工具はたったの数種類。始めてから6年間で随分厳選されました。
その中で重要だと思う工具とその選び方を少しご紹介します。


・ハサミ
・固定具
・千枚通し(キリ)


えっと、たったこんだけ。
スッキリしてるね。

実際もう少しありますけど重要工具はこれだけ。



・ハサミ
こちらは贅沢にしっかりしたものを持った方がいい。全ての切るという作業にて役たちます。
またしっかりとした刃物メーカーの鉄製で分解出来る形のものであれば研ぎ直す事も可能ですのでオススメです。
切ってる素材がポリエステルなので、弱い刃だとすぐ切れなくなります。

ともあれ小さい穴にコードを通す作業など、切れ方で通しやすさが全く違うのでいいものを使いましょう。



・固定具
様々な編み台が考察されていますが、私は机にクリップをガムテープで貼り付けただけのシンプルなもの。
なるたけ編む根本をしっかり抑えられるかが焦点です。
編み間違いをする間はクリップ式は難しく感じるかもしれませんが、しっかり固定するという意味では今のとこピカいち。
グリップ力が高いのはやはり大きめのクリップ。
百均でも私は十分と思いますが、ホームセンターなどで挟む所にゴムがついているものなどならば、より滑らず作品を傷つけなくていいかも。



千枚通し(キリ)
こちらは編みのときにも少し使いますが、主にはほどく時…💦
マクラメをやる人にしか分かりませんが、デザイン編みはほどく方が多いくらいホントによくほどき編み直します(*_*)それさえなけりゃ随分楽なのに…

でもそうやっていい塩梅を見つけていくんだから通る道なんですよね(u_u)
私もいまだによくほどきます(笑)

ほどく作業にはやはり先のある程度尖ったものがあると早い。
更に柄が太め(握りやすい)の千枚通しは必需品です。


いかがでしょう?
まだマクラメ始めて間もない方の道具選びの参考になれば嬉しいです。





そんな今日の一品❗️


ラブラドライトネックレス。
こちらは首紐を四つ編みにしてます。

オンラインにもアップ済み
サイズや価格はこちらからぜひ❤︎☟

fc2blog_201505072119049f0.jpg


ブログアップに少しブレーキがかかってしまいました(>人<;)
また気合いを入れ直さなくては…

にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

Posted by nao on  | 0 comments  0 trackback

2本の紐を組むコツなど、シンプルなラブラドライトも

本日ブログのカテゴリー欄を増やしまして、
・ワークショップ Work Shop
・イベント EVENT
が参戦❗️

自分で後から『あの記事』と思っても探せなかったため…

今日早速イベント告知しております⭐️




さて、本日の本題は…
『2本ねじり』について。



茶色の紐の部分のことです。


2本ねじりについては過去、私のレクチャーでは「反時計回りに捻って、時計回りに組む」と言っていましたが、根本の事情が異なる場合があるのでそちらも含めて紙に書き出してみました。

画像アップ容量不足のため少し見にくいです💦ごめんなさい。



うまくねじれていかないという方はどうぞご覧ください♡



今日の一品はシンプルなラブラドライト💠




青いシラーに変形ルース。
パーツはシルバー。

留め切りタイプなのもお勧めポイント☆



お好みによるのでしょうが、こちらはとても付け外しがしやすい!
また着用中調節紐がぶらぶらとジャマに感じる方には絶対こちら(^人^)

サイズ調節ができないのがデメリットですが、「付けてる長さ、そういえばいつも変わらない」という方も意外に多い…。

ちなみに私は断然こちら派⭐️⭐️


と、押しまくって今日は終わり(^-^)/





今日のラブラドライト、昨日のアンクレットふたつもアップ済みです❤️

fc2blog_201505072119049f0.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

Posted by nao on  | 1 comments  0 trackback

6月GSKワークショップ!

ちょっと見にくい写真なのですが

『そこはオレっちの部屋だと思うんだけどワン』
『そんなの気のせいだニャン』
『ワンワンワン(どいてってよ~)』
『ニャー(嫌ー)』

後ろでウサギ
『モグモグモグモグ…』

…気の利いた解説が出来なくてゴメンナサイ( ̄(工) ̄)

実はさらに奥にもう一匹ワンコが。



グッドタイミングやったわ。ワロタ。




今日は6月御殿場市民会館ワークショップの日。
『石包みペンダント』をレクチャーします。

先々月のワークショップに来てくださった方もいらっしゃって、『家で編んでるよ~』の嬉しい一言!


さて今日感じた事は、やはり『マクラメは手の慣れ』が肝心だということ。
よく結び目の強さは『握力』かな?と思ったりしていたんですが、ある程度の力は皆持っているもの。
キュッと締めるコツを知っていると大した力も使わずギュッギュッと編めてしまいます。

賛否両論というか好き嫌いはあると思いますが、私はギュッと締まった結び目の方が美しいと思うのです。
締まった結び目だと模様が崩れない。
石が取れてしまわない。



そんなことでマクラメ編みで上手く模様が出ない方は、以下の3点の事を確認してみてください。

・手が紐に慣れること
・必ず一目一目硬い結び目を作る
なるべく土台がブレないものにする。(しっっっかり固定できるものに紐を固定してください。引っ張って抜けてくるものではきっちりした模様はできません。)

実は今日、別の手芸で巻き結びに慣れた方がいらっしゃいました。
タッチングは初めてだったということですが、全くそれを感じさせない素晴らしい編み目。
やっぱりたくさん紐を結んだ経験が、あの綺麗に締まった編み目に繋がったと感じます。

そんなことでほそ~くでいいのでなが~く編むこと、そして良い(質の良い)道具を使うことが上達の必須なのですな。


明日も同じワークショップ。
また何か感じてきます。


オンラインショップはこちらから☟
fc2blog_201505072119049f0.jpg




サッカー祭りですね~♫

にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

Posted by nao on  | 1 comments  0 trackback

デザイン編みはベースが重要

昨日のブログでは『頭の体操』だと題しておいて、内容はほぼそれについて触れなかった。肩透かし(´・Д・)(寝ながら書いていたとは、言っちゃなんねぇ。)

なので今日は私なりの頭の体操を楽にするやり方を書いてみます。

完成品を並べているとよく聞かれることに
① デザイン画って書くの?
② デザインの参考は?
とあります。

私はシンプルなモノの時はデザイン画は描きません。
でも頭の中で大体のイメージはできています。

でも複雑なものの(ネックレスで首に沿う形を作りたい)場合は、最低限アウトラインは描きます。
どうしてかというと、首に沿う形というのは「立ち上がり」が最も重要だから。

この「立ち上がり」にすべての神経を注ぐと言っても過言でないくらい大切だと思ってます。
立ち上がりでそのネックレスの成功の可否が決まる。


例えば
立ち上がりが少ない時は👉首に巻きつくような形、チョーカータイプになる
立ち上がりがきつい時は👉縦に長いフォルムになる

自分のイメージした全体像を絵に表して、実際どの角度でコードを編み上げて行けばいいかしっかり想像できていればイメージ通りの仕上がりになる、はず。。

…これが結構難しい(*_*)

描いてその通りに編んでるつもりでも、その絵に実際あてがってみると…違う…。。。。
ただでさえ難しいのに、想像上でこれをしようとすると失敗の確立がぐんとあがる。
だからアウトラインの絵を描きます。
私もいつも編んではほどき、そんなことを2ー3回続けてようやく編みたい方向にしっかりデザインを作れています。

今回のデザイン画はこう☟
左上の全体像のみ、先に描いています。
で、編みながら「どこは何目」と面倒でも描いておくと、反対側を編む時に作業が早い。(これを覚えようとしたり、後から目数を数えようとすると余計頭と時間を使う!)



実際にあてがってみると、バッチリ!

アウトライン以外の「波のような(とコメント頂きまして、納得の引用)」模様は、私の場合即席です。
あくまでアウトラインを忠実に。




人それぞれやり方はあると思いますが、複雑な編みでイマイチ思ったように出来ないよという方はお試しあれ。
絵のうまい下手ではなく、あくまで形を大事にすればきっとうまくいくはず…!!

こちらのネックレス、オンラインで確認できます★↓↓↓



で蛇足的ですが、②の「デザインの参考」はありません。
ただ昨今ネット社会において、見ようと思わなくても沢山の既存の作品を目にする機会はあり、意識しなくとも潜在的にそこから得ているインスピレーションはあると思います。

だから、と言っては何ですが時に誰かに似通ってしまうこともありうるのかな、と思います。

ただ必ず「自分が納得」のものを作っていることは確か。
一日でも早く自分カラーを確立できるように努力・進化しなくては、と思っている毎日です。


今日は今から作業☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

〜オンラインショップについてのお知らせ〜

私ごとで申し訳ありませんが下記の期間中「ご注文手続き及び商品の発送」を中断させていただきます。
4/25〜5/1
期間中、ご注文は通常通り承りますがそれ以外の業務を停止し、5/2以降順次対応をさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞご理解をよろしくお願いします。

なぜって?

ちょっと早めのGW♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

Posted by nao on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。