天然石とマクラメアクセサリーのお店 nica |

デザイン編みはベースが重要

昨日のブログでは『頭の体操』だと題しておいて、内容はほぼそれについて触れなかった。肩透かし(´・Д・)(寝ながら書いていたとは、言っちゃなんねぇ。)

なので今日は私なりの頭の体操を楽にするやり方を書いてみます。

完成品を並べているとよく聞かれることに
① デザイン画って書くの?
② デザインの参考は?
とあります。

私はシンプルなモノの時はデザイン画は描きません。
でも頭の中で大体のイメージはできています。

でも複雑なものの(ネックレスで首に沿う形を作りたい)場合は、最低限アウトラインは描きます。
どうしてかというと、首に沿う形というのは「立ち上がり」が最も重要だから。

この「立ち上がり」にすべての神経を注ぐと言っても過言でないくらい大切だと思ってます。
立ち上がりでそのネックレスの成功の可否が決まる。


例えば
立ち上がりが少ない時は👉首に巻きつくような形、チョーカータイプになる
立ち上がりがきつい時は👉縦に長いフォルムになる

自分のイメージした全体像を絵に表して、実際どの角度でコードを編み上げて行けばいいかしっかり想像できていればイメージ通りの仕上がりになる、はず。。

…これが結構難しい(*_*)

描いてその通りに編んでるつもりでも、その絵に実際あてがってみると…違う…。。。。
ただでさえ難しいのに、想像上でこれをしようとすると失敗の確立がぐんとあがる。
だからアウトラインの絵を描きます。
私もいつも編んではほどき、そんなことを2ー3回続けてようやく編みたい方向にしっかりデザインを作れています。

今回のデザイン画はこう☟
左上の全体像のみ、先に描いています。
で、編みながら「どこは何目」と面倒でも描いておくと、反対側を編む時に作業が早い。(これを覚えようとしたり、後から目数を数えようとすると余計頭と時間を使う!)



実際にあてがってみると、バッチリ!

アウトライン以外の「波のような(とコメント頂きまして、納得の引用)」模様は、私の場合即席です。
あくまでアウトラインを忠実に。




人それぞれやり方はあると思いますが、複雑な編みでイマイチ思ったように出来ないよという方はお試しあれ。
絵のうまい下手ではなく、あくまで形を大事にすればきっとうまくいくはず…!!

こちらのネックレス、オンラインで確認できます★↓↓↓



で蛇足的ですが、②の「デザインの参考」はありません。
ただ昨今ネット社会において、見ようと思わなくても沢山の既存の作品を目にする機会はあり、意識しなくとも潜在的にそこから得ているインスピレーションはあると思います。

だから、と言っては何ですが時に誰かに似通ってしまうこともありうるのかな、と思います。

ただ必ず「自分が納得」のものを作っていることは確か。
一日でも早く自分カラーを確立できるように努力・進化しなくては、と思っている毎日です。


今日は今から作業☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

〜オンラインショップについてのお知らせ〜

私ごとで申し訳ありませんが下記の期間中「ご注文手続き及び商品の発送」を中断させていただきます。
4/25〜5/1
期間中、ご注文は通常通り承りますがそれ以外の業務を停止し、5/2以降順次対応をさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞご理解をよろしくお願いします。

なぜって?

ちょっと早めのGW♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

関連記事

Posted by nao on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://faithful5115.blog.fc2.com/tb.php/420-c09c4a88
該当の記事は見つかりませんでした。