天然石とマクラメアクセサリーのお店 nica |

in 部原


千葉県勝浦市、サーファー間ではメジャーなエリアです。今日はその中でも知られたポイント、部原でサーフィン。
朝6時、入水。しばらくは5,6人でミドルからのハラくらいのセットで遊ばしてもらった。しかしそこは部原、すぐに人が増え、シフトしていくピーク一帯には地元の上手なショートの人たちが。私はいつもの8.8なのでアウトで待てば乗れそうだけれど、そんな気には一切なれずこの一群がただ去るのをひたすら待った。はあーーー…
妄想したりそうこうしたりしてるうちにここが地元の友達が入水。その頃にはだいぶ人が減ってきて、やっと元のピーク辺りに返り咲き乗らせてもらう事ができた。
今年の夏の始め、でっかい波が苦手な私にこの友達は「波乗る気がないならサーフィンやめちまえ」くらいの勢いで散々言ってきた。今日もまたナニ言われるかなってちょっとドキドキしてたけど「いい波乗ってんじゃん」て言ってくれた。今日はそれだけでご満悦(笑)
実は彼は私が心底「いいサーフィン!」と思える身近なサーファーであって、怖くて逃げる自分の波乗りにクギをさしてくれる唯一の人なのである。こういう存在もあって成長できているのかもしれません。改めて、サーフィンは決して楽しいだけのスポーツではないのです。越えなければならない精神的な壁が沢山あります。まだまだこわいって逃げてしまうけど、ひとつずつ越えていきます。壁がある限り、そして手助けしてくれる人がいる限り。そして波乗りを続けて行く限り。

関連記事

Category : Surfing
Posted by nao on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://faithful5115.blog.fc2.com/tb.php/56-fcc90383
該当の記事は見つかりませんでした。