天然石とマクラメアクセサリーのお店 nica |

連載第3回「新米マクラメ作家、手作り市デビュー」

第1回のお話  マクラメとの出会い
第2回のお話  マクラメを始めた頃、その環境

 ~前回の流れ~
 マクラメ編みというものにハマった私は”作った物がどんどん溜まっていく~”という理由で、地元の「手作り市」に出店しようと決めたのだった。

 
 ハンドメイドイベントはプロ~セミプロの出展している大きな規模のものから、初心者でも気後れなく出品できるものまで選べるほどあった。
 それはだいたい「出店料」と「人気の高さ(競争率)」で判断でき、もちろんわたしは初心者向きを選んだ。
 出店申し込みを済ませ、心はウキウキ~♪♪

 最初の出店は確か6月だったと思う。
 梅雨の始まり、まだイベント資材もままならない状況で気持ちだけは準備万端にイベント会場へ向かった。

 キャンプ用テーブルひとつと椅子代わりにクーラーボックスをひとつ、そして私以上に乗り気な母と共に到着。
 なんとなーく持って行ったテーブルクロス用の布とディスプレイ用にと準備してみたテーブルトレイなど、気の向くままに並べてみる。今では考えられないけれど、雨日差しよけのテントなどはナシ!

 これ聞いて「あっ、そんな気軽?なら私も出してみよう」と思ってもらえたらそれはそれで嬉しい…!(笑)

 結果、平日の駅前広場にて開催されたイベントは人もまばらで売り上げはようやく3000円ほど。イベントで生計を立てなければならない人ではこれはマズイ数字(苦笑:笑ってやって!)
 でも私の場合この1回目のイベントがかなり勉強になったしハンドメイド仲間もできた!背伸びして大きなイベントに出すよりも当時の私には合ってたかな、と思う。




 初めてのイベントで学んだこと3つ

 ・屋根(テント)くらいは買え

 雨の日はもちろんのこと、晴れの日だって要注意、保護のためOP袋に入れていた商品の袋の内側に結露が…!暑い時期は要注意です。
 商品はものによっては大丈夫だけれど基本的には太陽光には当てないほうが良いと実感。 

 ・イベント仲間、手作り仲間を増やせ
 
 出店お隣の方はもちろん、今まで見たことのないような作品を見せてもらうことは自分の知識になるし、手作り仲間として連絡先を交換することは次に繋がるチャンスだと思う。

 ・買ってくださったお客さまには必ず連絡先(名刺)を渡せ
 
 まだまだ未熟な作り手だった頃、買って頂いたものがすぐ破損してしまったとのご連絡が…。名刺、渡しておいて良かった´д` ;
 販売は最後まで責任を持つ!お客様には安心一番に接することを学びました。




 たいした結果は付いてこなかった初イベント、しかし必ずひとつずつ成長するもんです。
 今思えば売れた額より何より経験が大事だったかな、と感じます。
 場数を踏んで経験を積み自信をつけること。それはどんなに勉強しても身につかないもの。
 そして何より自らが始めなければ何も始まらないということ。

 この後月に1回のペースで3~4回イベントに出店しました。
 商品自体も少しずつ認められるようになってきたのか、売り上げも夏頃には1万円を超えることができるようになっていました。
 楽しみだけで出店したはずの手作り市。いつしか今の道を決める大事なきっかけになっていました。
 
 
 こうしてお客様の生の声を聞き「自分の作ったものを売る」という度胸を身につけられたことが自身の行動力に大きな影響を与えたことは間違いなかったのです。

 

 次回は第4話「見ず知らずのセレクトショップに委託販売をお願いしてみる」
 
 
 語彙力・文章組み立てに難あり…読みにくい文章でごめんなさーい💦
 そして最後まで読んでくれてありがとうございました☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへ
にほんブログ村

 

 

関連記事

Category : マクラメ半生
Posted by nao on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://faithful5115.blog.fc2.com/tb.php/726-28db8204
該当の記事は見つかりませんでした。